80代女性、右眼が上転しない!ーバセドウ病眼症ー

80代女性定期受診の患者でしたが、眼球運動障害を認め、その原因は背景のバセドウ病であろうとの考察。右眼片側の上転障害を認めました。

 

ここで、バセドウ病眼症と眼球運動障害について、まとめておきます。身体診察シークレットには以下の記載があります。

Graves病による眼球運動麻痺とは何か?

Graves病でみられる外眼筋の炎症、浸潤、怒張、および麻痺である(しばしば、眼球突出性あるいはうっ血性眼球運動麻痺とよばれる)。しばしば内側下直筋が侵されるが、外眼筋の運動麻痺や運動障害も起こし、筋力低下や弱視、上方注視障害、輻湊障害、斜視、視野欠損、注視制限や視力低下も起こす。眼球後退や眼瞼遅滞はどんな甲状腺機能亢進症の患者でもみられる。Mueller筋の交感神経機能亢進によっておこる症状であり、ホルネル症候群での眼瞼下垂を起こす筋と同じである。ローゼンバッハ徴候も神経機能亢進の結果起こる。


生理的所見、hippus(瞳孔跳躍)

動画と言いますか、その場で動画を撮りながら披露した所見です。意外と知られていない瞳孔跳躍は、生理的所見で、一定の光をあてると、瞳孔は大きくなったり小さくなったりと繰り返します。

この所見は、マーカスガン瞳孔やadie瞳孔などの診断時の鑑別所見となります。


50代男性、-15kgの体重減少、四肢・口の不随意運動

この場で再現することは困難ですが、口周囲の不随意運動、手をくねくねと動かすアテトーゼ様の運動を認めました。さて、原因がなんだろう?ということで盛り上がりましたが。

 

30代女性特発性舌下神経麻痺!


80代女性、頚部のドキドキ、動脈?静脈?気管?