医の原点がここにある~人の温かみあふれる医療が当たり前になる日本に
活動を知る
参加する
知識を深める

ごあいさつ

はじめまして、フィジカルクラブ部長の平島修です。

子供の頃テレビでみた患者さんに寄り添う医師に「カッコイイ」と思い医師になりました。

しかし症例検討会では、「検査をいかにやったか、やらなかったか」に多くの時間が割かれ、机に向かう時間があまりにも長い現実でした。

 

では、検査をオーダーするのが医師の仕事なのでしょうか?

 

医師2年目の時に派遣された奄美大島の小さな病院でその考えは一掃されました。

病気のある人間ではなく、病気を抱えた「ひと」がいました。

訪問診療を初めて経験して、薬よりも生活をみることの大切さを学びました。

 

話を聞き触れるだけで病気が治るという経験もしました。

「専門ではないので分からない」と言うと、とてもがっかりされこともありました。

患者さんが求めていたものは専門性ではなく、医療者としての“誠意”でした。

決して僻地だからではありません、日本中すべての医療者が持つべきスピリットなのです。

 

手あての医療をたくさんの仲間を作り、思いを全国に届けたい!

 

という思いで、フィジカルクラブを始めました。

たくさんの方々に、部活動に参加していただき、また共に奄美大島で患者さん向き合い、 思いを日本中に届けていきたいと思っています。

あなたの勇気情熱をお待ちしております。        

Japan Physical Club 2017開催決定しました!

2017年9月16-17日奄美大島でフィジカルクラブの全国大会、Japan Physical Club 2017を開催します!

JPC2017ホームページをチェック!

『身体診察免許皆伝』絶賛発売中です!

志水太郎先生、和足孝之先生と共に編集し、全国にちらばった診察に熱い思いのある先生方と共に作り上げた一品です。

単なる診察技法に留まらず診察への熱いこだわりまで盛り込まれています。

手あての診察技法を免許皆伝で学びましょう!


New!

部活動・イベント

2017年6月

2017年7月

ニュース

第2回より奄美大島のいろんな集落に突撃し、座談会をとおして住民の声を聞いてまわります。

書籍 死ねない老人

 

強烈な題名の本ですが、日々死と向き合う医師の日本へ向けた命のメッセージです。

バックドロップサインを提唱!!


協力