(映画『赤ひげ』より)

 

ここでは、医療人の感性を磨くために役立つ書籍、映画の紹介とそこに出てくる名言から、部長が普段の臨床現場で感じることを述べ、医の感性を磨いてゆきます。

 

命に関わる現場、高いストレスの現場では、「心の持ち方」が非常に重要です。書籍・映画から学べる部分は非常に多いです。

 

医師だけでなく、医師を志す学生さんにも是非いろんな書籍・映画に触れていただきたいです。

 

死ねない老人

死ねない老人

救う力

十歳のきみへ-九十五歳のわたしから

最後の医者は桜を見上げて君を想う


医者は現場でどう考えるか

その島のひとたちは、ひとの話をきかない

くじけないで